透明封筒を利用するメリットについて知りましょう

透明封筒を利用するメリットについて知りましょう

封筒

透明封筒とは?

透明封筒とは、一般的にフィルム封筒、ビニール封筒、透明袋などさまざまな呼び名が存在しています。使用されている素材で分けると、OPP・CPP・PEに分けることができます。今現在日本に出回っている透明封筒のほとんどがこの3種類のうちのどれかです。それぞれの名前について説明すると、OPPは二軸延伸ポリプロピレンの略で、CPPは無延伸ポリプロピレンの略で、PEはポリエチレンの略です。

封筒

透明封筒を利用するメリット

封筒といえば、茶封筒を想像する方が多いと思いますが、透明封筒の需要が年々高まっています。その理由としては、多くのメリットがあるからです。ここからは、透明封筒を利用するメリットについて解説していきます。まず、紙で作られた封筒よりもコストを抑えることができます。数十通ならそこまで違いはありませんが、数千数万といった数を使用する場合は、費用が大きく変わっていくでしょう。

封筒

透明封筒を利用するメリット2

透明封筒は中身が見えるので、紙の封筒に比べると開封率がアップするという結果が出ています。なので、送ったものの開封率を高めることができるでしょう。また、サイズがとても豊富なので、どのようなサイズにも対応できるでしょう。サイズを特注することも可能です。丈夫なことも紙の封筒にはないメリットだといえます。破れにくい上に、雨に濡れてもはじくことができるので、中身の大切な書類を守ることができます。

OPP袋の特徴

  • 一番人気
  • 透明度が高い
  • 安い